スキンケア

馬プラセンタって何?美容に良いって本当?

投稿日:

プラセンタが美容に良いという話はよく聞きますが、それはなぜなのでしょうか。

プラセンタとは「胎盤」のこと。医療現場ではヒトのプラセンタを注射する治療法が行われています。主に更年期障害やアレルギーなどの疾患を目的としたものです。効果という点では、医療用のヒトプラセンタが一番ですが、医師の診断を受ける必要があるので、ちょっとハードルは高め。

一般的にプラセンタといえば豚や馬などの動物のプラセンタを加工したサプリメントを指します。こちらは食品として手軽に利用することができます。ヒトであっても、ヒト以外の哺乳動物であっても、胎盤が赤ちゃんを育てる重要な組織であることに変わりはありません。

胎盤は赤ちゃんとへその緒でつながっており、アミノ酸をはじめとする成長因子を豊富に含んでいます。そうした成長因子を摂取することで、体の新陳代謝を活発にすることができます。肌に対しては、ターンオーバーを促して、古い細胞を新しい細胞に上手に交換する働き、そして、線維芽細胞を刺激してコラーゲンやヒアルロン酸の生産を促す働きが期待されています。

プラセンタに含まれる成長因子の効果とは

もうすこし詳しく見ていきましょう。

プラセンタには次のような成長因子が豊富に含まれています。

  • FGF(線維芽細胞増殖因子)
  • EGF(上皮細胞増殖因子)
  • NGF(神経細胞成長因子)
  • HGF(肝細胞増殖因子)

この内、肌のハリ、弾力の改善にとって重要なのがFGF(線維芽細胞増殖因子)です。FGFを豊富に含んだプラセンタを摂取することで、線維芽細胞を内側から刺激すれば、コラーゲンの再生が促されて肌のハリ改善が期待できます。

プラセンタとしては「豚」と「馬」がポピュラーです。年に2回数十頭を出産する豚に対して、馬は年に1回1頭しか出産しません。馬プラセンタの方が希少価値が高く、また、1回の出産にすべてを託している分、成長因子となるアミノ酸の質と量でも豚を上回っています。安さ重視なら豚プラセンタ、品質重視なら馬プラセンタと考えられる理由です。

馬プラセンタが好まれる理由

Q:豚・馬にあって、牛にないものは何?
A:『プラセンタ』

これ、不思議ですよね。
焼肉でも鶏・豚・牛はポピュラーで、馬はちょっとマニアックな存在じゃないですか?

同じ動物から取るんだから、プラセンタ(胎盤)だって事情は同じはず。卵から生まれる鳥には胎盤がないからいいとして、どうして牛のは使わないんだろう。馬だなんて、手に入りにくいじゃないですか。お値段も上がっちゃいますよね。

その理由は狂牛病(BSE)だった!

牛の脳がスポンジ状にスカスカになってしまう病気が狂牛病(BSE)。1986年にイギリスで初めて発見された。人への感染は当初否定されていたがやがて認めれた。メカニズムははっきりしていないが、プリオン原因説が定説となっている。正常なプリオン蛋白は健康な牛の体内で働いているが、飼料などを通じて異常なプリオン蛋白が体内に入ると、正常なものも異常なものに変えられてしまう。

2003年に米国で発生した狂牛病(BSE)が原因で、日本では2005年末まで米国産牛肉の輸入を禁止していた。

……そして。

吉野家は豚丼を開発した

米国産牛肉の輸入禁止を受けて、牛丼チェーンの吉野家は主力の牛丼の販売を2年以上中止。

この辺は当時の記憶で話すので間違っているかもしれないけど、確か牛丼の代わりに登場したのが豚丼だった。

牛がダメなら豚!これが牛丼界のアンサーだとするなら、
牛がダメなら馬!これがプラセンタ界のアンサーである。

……この違い。なぜ、豚ではいけないのですか?

馬プラセンタの品質が高い理由

牛丼は豚丼に変わればそれでOKだったのに(記憶によれば馬丼は登場していない)、プラセンタはそうはいかなかった。

牛→豚は、より安い動物への移行だ。ところが牛→馬は、より高い動物(たぶん)への移行。なぜそんなことが必要なのか。

その理由は、豚の品質がベストではないから。
そもそも食肉において豚が安い理由は、簡単に増やせる、残飯でも育てられる、という事情によるもの。日本にトンカツが誕生し愛されているのも、高価な牛肉は無理でも、豚肉なら庶民でも手を出せたからだという。

美味しく、お腹いっぱいになれば満足の定食ならそれでいい。しかし、健康や美のために口にするものはそうはいかない。豚はタフそうな印象ながら、実は牛よりも体温が低く感染症に弱い生き物。そのため飼料に薬を混ぜて病気にならないように育てられる。(もちろん高度に管理された品質の高い豚もいる)

何を食べさせられて育ったか分からない豚の胎盤(プラセンタ)など口にしたくはないのである。

そんなわけで。なぜ牛がないのか、なぜ豚ではダメなのか、というプラセンタのお話しでした。

■美白(シミの予防)アイテムを比較してみましょう。

アスタリフトとビーグレンは、どちらもナノテクノロジーを駆使した最先端科学を化粧品に取り入れたメーカーです。

独自の加工で有効成分の浸透を高めるところも似ていますよね。

共通点がある一方で、成分やコンセプト、お値段、トライアルの使用期間には大きな違いがあります。

よ~く見比べて、「これだ!」と思えるアイテムにトライしてみてはいかがでしょか。

アスタリフト ホワイトはコチラ



アスタリフト ホワイトはシミ対策とエイジングケアが同時にできる人気のシリーズです。

セラミドの保湿、アスタキサンチンの抗酸化作用、そして、ビタミンC誘導体+アルブチンによるシミ予防の働きで、お肌に総合的にアプローチ。

5つのアイテムを試せるトライアルキットには、Deep紫外線対策ができるUVクリア美容液や、先行型美容液のジェリーも入って、なんと1,000円!

アスタリフト ホワイトの豪華なフルラインをリーズナブルに試めせますよ。

 

今すぐチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今なら1,000円


詳しく見る

(↑公式サイトで詳細を確認できます。直接購入ページには飛びません。)

 

 

ビーグレン ホワイトケアはコチラ



ハイドロキノンは美白(シミ予防)成分の中で最も強力と言われています。

安全性を疑問視する声もありますが、ビーグレンは2006年からいち早くハイドロキノン化粧品を販売し、進化を重ねてきた実績を持っています。

どうしても消したいシミがあるときは、少し強力な成分を使ってみたいですよね。歴史の浅い、無名のブランドでは不安ですが、実績のあるビーグレンなら信頼できると感じる人も多いようです。

浸透力を高めたビタミンC配合の化粧水も入っているので、毛穴やニキビ対策もできます。

"攻め"のスキンケアで肌を変えたい人なら、一度は試しておきたいアイテムですよ。

 

今すぐチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今なら約71%オフ!


詳しく見る

(↑公式サイトで詳細を確認できます。直接購入ページには飛びません。)

 

 

■エイジングケア(シワ、たるみ)用アイテムを比較してみましょう。

アスタリフトとビーグレンのナノテクノロジーを駆使した最先端科学はエイジングケア用アイテムでも本領を発揮します。

どちらも、気になるシワや肌のたるみに対する独自のアプローチを持っていて、コンセプトや配合する成分が全く違うのでじっくり見比べてみると面白いですよ。

アスタリフトはコチラ



赤のアスタリフトは、エイジングケアに特化したシリーズです。赤色色素の力で弾むハリ肌へと導いてくれます。

ビタミンA、アスタキサンチン、リコピン、レスベラトロールなどの有効成分をナノ化して配合。高い抗酸化作用を期待できます。

ジェリー状の先行型美容液は独特で、高い保湿力を持つセラミドを配合。これで肌の土台を作ってから、化粧水や美容液の有効成分を肌に浸透させるという考え方です。

肌に優しく保湿力が高いので、乾燥対策としても重宝します。

 

今すぐチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今なら1,000円


詳しく見る

(↑公式サイトで詳細を確認できます。直接購入ページには飛びません。)

 

 

アスタリフト ジェリー体感キットはコチラ



アスタリフトの中でも特に人気の高い先行美容液「ジェリーアクアリスタ」だけを7日間試せるキットです。

保湿成分のセラミドにはいくつもの種類がありますが、ジェリーアクアリスタには人の肌に近く、年齢とともに不足しがちな2種類のヒト型セラミドが配合されています。

肌に潤いを与えるとともに、ジェリー自体にピンと張る作用があるので、物理的にも肌のハリをサポートしてくれます。

とにかく"たるみ"が気になるという人なら、色々なアイテムをちょっとずつ試すよりも、ジェリーだけをまとめて試した方が満足感が高いかもしれませんね。

 

今すぐチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今なら1,000円


詳しく見る

(↑公式サイトで詳細を確認できます。直接購入ページには飛びません。)

 

 

ビーグレン エイジングプログラムはコチラ



肌のハリ不足やシワといった年齢サインは、つきつめれば肌の"たるみ"が原因といえるでしょう。そして、たるみはコラーゲンの減少に引き起こされると、ビーグレンは考えます。

ビーグレンのQuSomeレチノAは、独自の浸透テクノロジーで作り出したピュアレチノール(ビタミンA)を配合し、コラーゲンをサポートしてくれます。

エイジングプログラムにはQuSomeレチノAの他に、ビタミンCを配合した化粧水や美容液も入っているので、気になる毛穴の開きの対策もできますよ。

 

今すぐチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今なら約71%オフ!


詳しく見る

(↑公式サイトで詳細を確認できます。直接購入ページには飛びません。)

 

 

ビーグレン たるみ・ほうれい線プログラムはコチラ



鏡を見たときに一番気になる年齢サインは"ほうれい線"という人は多いと思います。ほうれい線が目立たないだけでも、かなり若々しく見えますよね。

たるみ・ほうれい線プログラムは"たるみ"にアプローチする点では、ひとつ上で紹介しているエイジングプログラムと似ていますが、決定的な違いがあります。

それは、「マッサージによって改善する」というコンセプトです。

QuSomeリフトには、血行を促進してリフトアップするための成分が含まれています。QuSomeリフトをつけて顔全体をマッサージすることで、ただマッサージをするよりも高い効果を期待できます。

マッサージをするのが面倒くさいという人には向きませんが、努力で積極的にほうれい線を改善したい人にはぴったりのアイテムですね。

 

今すぐチェック!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今なら約67%オフ!


詳しく見る

(↑公式サイトで詳細を確認できます。直接購入ページには飛びません。)

 

 

-スキンケア

Copyright© アスタリフトとビーグレン , 2021 All Rights Reserved.